公開日: |更新日:

志事人(しごとびと)

  • 1人で開業
  • 開業資金10万円以下
  • 未経験歓迎
  • 副業可
  • 店舗不要
  • 短時間労働
  • 自宅勤務可
  • 40歳からの独立
  • 好きな時間働ける
  • 夫婦で独立
  • 女性が活躍
  • 技術を身につける
株式会社志事人の独立開業プラン
引用元サイト名:アントレ公式サイト
引用元URL:https://entrenet.jp/dplan/0002476/
高い利益率が見込めるハウスクリーニング業

市場の拡大が続く、ハウスクリーニング。研修後、ハウスクリーニングを開業してからは、原価は洗剤代のみです。ですから、宣伝費や交通費を計算に入れた場合でも、工夫次第で高い利益率を実現することも不可能ではありません。

ハウスクリーニングについて、必要な知識やスキルを、動画にてオンラインで学べるのも、うれしいポイントです。一度視聴してわからなかった部分があっても、動画で繰り返して視聴することができるので、業界未経験の方でも問題ありません。また、技術面で自信がもてない場合などには、株式会社志事人の研修施設を利用できるので、安心です。

業務内容

エアコン、フローリング、水まわりなど、家の中のさまざまな箇所のクリーニングサービスを提供する業務です。お客さんの自宅が仕事場となります。そのため、よい仕事をするためには、お客さんとの間に信頼関係を築くことが必要不可欠です。共感力やコミュニケーション能力などをいかして、お客さんの「心の壁」を取り除けるかどうかが重要ポイントとなります。

最低自己資金の目安
(開業用の研修費用)
11万円
収支モデル
約43万円/月収
収支モデル詳細 月商49万5000円
経費6万2296円
利益43万2704円
契約形態 商材&事業支援
契約期間 1年
サポート内容 ■開業前:
オンライン研修・その他開業・技術に関する困りごとへの対応
■開業後:
機材の購入アドバイス・その他お困りごとに関する相談受け付け
募集エリア 日本全国
顧客の市場性 ハウスクリーニングなどの清掃業は、いま、拡大し続けている市場のひとつです。その背景には、掃除が体力的に大きな負担となっている高齢者世帯が増加していることに加え、より多くの女性が社会進出をしているため共働き世帯が増加していることがあげられます。

オーナーの声

低資金でスタートでき、しかもオンラインで研修を受けたり開業の支度を進めたりすることができると知り、チャレンジしてみました。当初は週末だけハウスクリーニング業をしながら様子をみていたのですが、今では無事、こちらの仕事を本業として取り組めるようになりました。

参照元サイト名:アントレ
参照元URL:https://entrenet.jp/dplan/0002476/

まとめ

家の中がキレイなれば、心もスッキリとしますね。そのお手伝いができるハウスクリーニングは、高齢者世帯および共働き世帯の増加にともなって、需要が高まり続けています。実際にお客さんの自宅の中に入って行うサービスなので、コミュニケーション能力などに磨きをかけることが、成功へのカギとなるでしょう。