修理(リペア)・クリーニングの起業情報

家屋や水回りの修理やメンテナンス、ハウスクリーニングなどをメインとして、修理(リペア)・クリーニング業界において個人で開業する際の起業情報について紹介します。

修理(リペア)・クリーニングの起業情報一覧

ECOPの窓ガラスフィルム施工

マンション、オフィスなどに、様々な機能(遮熱、紫外線対策、防犯、目隠しなど)を持つ窓ガラス用フィルムを施工する仕事。作業時間は最短30分で一件あたり3万円~120万円の高利益が期待できます。

おそうじ革命のハウスクリーニング

一般家庭の浴室やキッチン、ビルやオフィスなどの水回りをメインとする清掃作業。おそうじテクニックは45日間の研修で習得可能で、8,000億円の市場規模により高収入が期待できます。

ワイズコーポレーションの壁面再生工法eコート

微粒子吹き付け施工「eコート」を壁や天井に塗布する仕事。簡単で仕上がりがきれいな壁紙再生にかかる作業期間はわずか1日!施工方法まで特許取得しているため、価格値引きの心配もほとんどなく高収入が期待できます。

国昇の水道メンテナンス

トイレや風呂、キッチンなど、様々な水道をメンテナンスする仕事。仕事先は100%本部が紹介してくれるので営業をする必要もありません。年間1万件近い依頼があるため高収入を目指せます。

シンエイの水道修理

キッチンやトイレ、お風呂など、水回りトラブルを解決するトラブルサポーターの仕事。顧客制度が充実しているため、自ら営業する必要がなく、業界最高水準の報酬で高収入が可能です。

XESTの水道メンテナンスアドバイザー

家庭からの緊急の要請を受けて、水道メンテナンスをする仕事。仕事先はすでに本部でアポ済みなので営業の必要なし!大掛かりな修理はプロの職人に任せることができ、件数をこなして高収入を得ることが可能です。

金沢屋

金沢屋は襖・障子・網戸の修理・リペアを行う専門店です。大企業ではできない個々へのニーズに対応するスキマ産業として全国どこでも低価格で開業できるようフランチャイズを立ち上げました。

仕事への想いがお客様の笑顔、そして独立開業された方の笑顔として金沢屋のロゴマークの「金」の字の中に浮かび上がって見えます。

家工房(株式会社ひととなり)

高齢者世帯の「ちょっと手伝って」をお助けする仕事。リピート率の高い仕事なので営業活動は折り込みチラシのみ。信頼関係を築いて直営店は月商100万円以上も可能!スケジュール調整はお客様と直接行うため副業でも開業可能です。

ダイキチカバーオール株式会社

中規模~小規模ビルのクリーニング業のフランチャイズビジネスです。営業活動や事務作業を本部が代行してくれるので、現場の仕事に集中できます。危険な作業がないので年齢を気にせず始められるのが特徴。スケジュール管理は本部とオーナーの協議で決定するため専業でも副業でも開業可能です。

株式会社アクア

マンションや中・小テナントビルの日常清掃を中心としたクリーニングビジネスを提供。営業や面倒な請求業務はすべて本部が代行してくれるので、現場の本業に集中することが可能。きつい仕事が少ないため、広範囲の年齢層のオーナー様が活躍中です。

オキシアップ(株式会社オキシー)

特許取得をしている「オキシアップ」をはじめ、高い洗浄力がある商材をつかった住環境の洗浄サービスです。掃除サービスのなかでも環境ビジネスとして競合がほとんどおらず、営業先も豊富で、ロイヤリティも0円。そのため、高収益を期待することができます。

ビカンテックのクリーニング

ビカン工法という他の業者と差別化できる施工方法でクリーニングを行います。他では落とせなかった汚れも簡単施工でしっかり落とせるので、未経験者でもスタートできるビジネスモデルです。デモを見せることで契約までスムーズに結びつけることができます。

リールハウスクリーニングサービス(株式会社リール)

エアコンや水回りなどのハウスクリーニング全般を商材とするリールの「ハウスクリーニングサービス」は、リピート率が80%を超える人気商材。本部からの顧客紹介に対応していきながら、効率の良い事業化を目指せます。特に、高齢者の自宅には「困った」がたくさん。関係性を深めながら、クリーニング以外の便利業でもサポートできれば、高収入にもつながります。

トータルリペア(株式会社アミークス)

トータルリペアは、タイヤのホイールや木製家具、木の床材や柱、革製品についた傷や凹みの補修業務を行います。開業前には、リペア講師による研修を受けることができ、未経験者でも基礎から技術を習得可能です。また、取引先は主に法人で、リピーターも見込めるのが特徴です。

Laugh Place株式会社/日本おそうじ代行

一般家庭のハウスクリーニングから民泊など宿泊施設の清掃業務のフランチャイズビジネスです。集客については本部が集客活動を行うため、オーナーさんが店頭で集客を行う必要もなく現場の仕事に集中できます。少ない自己資金で始められるのも特徴。

株式会社Soup(スープ)/ママクリーン

アパートやマンションの建物・駐車場の清掃を請け負うフランチャイズビジネスです。シンプルな分野ですが、5600億円の巨大市場と安定したニーズがあり、充実したサポート体制と主婦の力を活用して、高収益を見込むことができます。

壁紙革命

壁紙革命のオリジナル工法「クロスメイク」は、張り替えをしないという特許取得の独自技術です。環境面にも配慮されており、「エコ」や「健康」という点においても魅力。個人からの依頼以外にも、不動産会社のような原状回復が求められるリフォーム業界からの需要も期待できるでしょう。

アニスコーポレーション

クロス再生・床補修・ハウスクリーニングの3つの業務を柱とし、賃貸物件を中心に原状回復サービスを行います。開業前にプロの職人による3日間のマンツーマン研修が受けられるため、未経験でも安心して開業可能です。

修理(リペア)・クリーニングの起業の傾向

直近のフランチャイズ市場の状況によると、「住宅建築、リフォーム、ビルメンテナンス」業界は、全業界のなかで前年比(2018年)からの成長が最も著しく勢いのある業界と言えます。店舗数は前年比+10.3%、売上高でも+6.0%とともに伸長。緩やかな景気回復がみられるとはいえ、それほど消費が力強くないなかで確実な成長がみられることが大きな特徴と言えます。大都市への人口流入が継続していること、建物や設備の老朽化によるリフォーム、リノベーションのニーズが高まっていることにその理由があると言えるでしょう。

修理(リペア)・クリーニングの今後の予測

住宅建築、リフォーム、ビルメンテナンス業界は、人手不足や景気回復の鈍化の影響を受けずにフランチャイズ市場を牽引する力強さを持っています。今後も都市部への人口流入は続き、新築や建替えなどとともに建物や設備の老朽化は変わらず生じることから継続した需要が期待できるでしょう。また、高齢化や家族構成人数の減少から、メンテナンスやハウスクリーニングをプロに依頼する傾向も高まると考えられます。

修理(リペア)・クリーニングの開業のメリット

店舗を構えずに作業ができるため、少ない予算でも開業が可能です。修理に必要な部品や材料の保管場所があれば、コンパクトな部屋で運営しやすいのも特徴。修理するものが持ち運び可能であれば、お客様から製品をお預かりすることで、自宅でも修理作業ができます。実際に、お客様が指定した場所に出向いて作業を行う修理業者も増えています。

さらに修理業は利益が出やすいこともメリットの一つです。一人でも運営できるため、人件費も少なく抑えられます。修理に使用した部品が余ったとしても、次の修理に備えて保管できるので経費が少なく済む場合もあるでしょう。また、お客様から指定された納期に間に合うよう修理を行えるため、時間を有効活用できます。修理業は副業に適した業種といえるでしょう。

 修理(リペア)・クリーニングの開業するデメリット

修理業を行うには、高いスキルが求められます。修理を行いたい分野の専門的な知識と確かな修理技術は必須です。修理に不備があれば、重大な事故や損失に繋がる可能性もあります。修理の経験が全くない状態では、すぐに開業することは難しいでしょう。開業前には、研修やセミナーに参加し勉強をすることも必要です。製品の品質は改良されるため、修理側もスキルアップが求められる場合もあります。開業後も技術を高めるために、日々新しい知識を習得する姿勢が大切です。

たとえ開業できても、売上が安定しないケースもあります。たとえばエアコンや扇風機のように、季節に応じて使用する家電の場合は、年間を通して修理依頼が定期的にあるとは限りません。壊れにくい家電製品も増えてきているため、修理依頼件数が少ないことも考えられます。そのため、修理件数を担保できるよう、修理商材選びは入念に行うのがポイントです。

売上安定に向け、幅広い分野の修理技術を備えつつ、他の事業との同時運営もあわせて考えておきましょう。

修理(リペア)・クリーニングの開業に向けて準備しておきたいこと

運転免許を取得していると、車を運転して出張修理ができるのでとても便利です。さらに修理作業に関連した資格を保有していると、客層を広げられます。

開業前には、修理に必要な部品や機材などの準備も大切です。常に研究や開発が進められている製品も多いため、最新タイプも対応する部品を揃えられるよう、常に情報収集をしましょう。

お客様からご依頼をいただくための宣伝活動も大切です。チラシ配布や新聞広告を掲載する方法もあります。しかし近年は、修理業者をパソコンやスマホで検索する人も多く、インターネットを使った宣伝活動も増えてきました。ブログやSNSを準備したうえで開業に向けて動きましょう。