介護・デイサービス・訪問介護の起業情報

介護やデイサービス、訪問介護の分野での起業に関する情報をご紹介しています。介護保険でなく、健康保険が適用されて安価で利用できる訪問マッサージ事業の起業情報をまとめてみました。

介護・デイサービス・訪問介護の起業情報

トータルメディカルジムの訪問マッサージ

トータルメディカルジムは、訪問マッサージ師を派遣するビジネスプランを提供しています。300〜500円という低価格でマッサージが提供でき、リピーター獲得につながりやすいビジネスです。

レイスヘルスケアの訪問医療マッサージ

こちらも訪問マッサージの派遣ビジネス。営業時間は平日の9〜18時で、週末も休みが取れるのがポイント。ワークライフバランスを保ちながら、起業・経営ができます。

介護・デイサービス・訪問介護業界業の傾向

2000年代に入って、急速に伸びてきたフランチャイズ分野の一つにあげられるのが介護・デイサービス・訪問介護の分野です。「平成29年版高齢社会白書」によれば、65歳以上の高齢者人口は2015年の時点で3,387万人とされています。慢性的な人手不足が叫ばれて久しいですが、それだけ介護ビジネスのニーズが高いことをも示しています。2015年の介護保険法で、通所介護の報酬が減額されたこともあり、介護分野のフランチャイズは訪問介護の方に重点が移りつつあります。実際、2016年度は介護保険制度の施行以来、初めて事業者数が減少しています。とはいえ、介護分野は今後もさらに需要が高まることが予想されており、介護ビジネスが直ちに縮小を始めた、という傾向も見られません。

介護・デイサービス・訪問介護業界の今後の予測

高齢化社会はますます進んでいくと考えられています。前出の「平成29年版高齢社会白書」によれば、2042年までは高齢者の増加が続くと予想されています。つまり、これからも市場の拡大は続くということです。介護事業は報酬が定められているので、価格競争が起こらないというメリットがあります。人手不足という難しい側面もありますが、基本的にはしっかりとした経営をしていれば利益は出るような仕組みになっています。2018年度には介護報酬がわずかながら引き上げられるなど、ニーズに対応して介護報酬が上がっていくことも期待できそうです。介護は国にとって必要不可欠なものなので、安定した報酬が期待できる分野なのです。