個人事業で成功するには

個人事業での開業は、低資金・小規模でもビジネスを始められるのが特徴。大きな会社を興すよりリスクは少ないですが、それでも職種の選び方によっては失敗する可能性もあります。失敗しない開業のポイントをまとめました。

本当に0円で起業できる?

起業には、主に設備資金と運営資金がかかります。店舗や事務所を構えて、法人として営業する場合にはどうしても初期投資が必要です。

しかし、個人事業主として、自宅を職場にしたり、無店舗で開業できるビジネスを始めることで、これらの初期投資を抑えることができます。個人事業主なら法人登記の諸費用などが発生せず、無店舗で自宅開業なども可能。手元にあるものだけでビジネスが始められます。職種や開業方法を選べば、ほぼ0円での起業は可能なのです。

独立開業に失敗しやすい職種の傾向

職種によって、独立開業が失敗しやすいものとそうでないものがあります。開業するためのビジネスプランを選ぶ際に、避けておきたい職種の条件をまとめてみました。

特に失敗しやすいものの特徴としては、初期費用が高額になるもの、利益率が低いもの、リピーターがつかないものが挙げられます。これらの条件に合致するビジネスを始めると、起業が軌道に乗る前に資金がショートしたり、顧客開拓が行き詰ったりして、廃業に追い込まれてしまうリスクが大きいのです。

独立開業しやすい職種の傾向

反対に、比較的成功しやすい職種というものもあります。個人事業主として独立開業するのに向いているビジネスの条件もまとめてみました。

失敗しやすいものと反対の特徴で、低資金で始められて、利益率が高く、リピート購入する顧客がつきやすいもの。しかも無店舗・自宅事務所などで開業できるものならなお良いと言えます。

総じて、リスクを抑えながら開業することが、ビジネスを長く続け、軌道に乗せやすいポイントだと言えるでしょう。こういったビジネスを選ぶことが、成功の第一歩です。

独立開業のための助成金

最後に、独立開業の資金の助けになる助成金・補助金について解説しています。融資との違い、助成金と補助金の違い、さらに独立開業する場合にチェックしておきたい助成金情報もご紹介しています。

融資とは違い、返済の義務がない助成金と補助金。これらを利用すれば、起業時の資金負担を軽減することができ、よりローリスクで起業できるのです。特に助成金は、定められた条件を満たせば比較的受給しやすい制度です。補助金は事業計画書などを厳しく見られますが、助成金はより開かれた制度となっています。