タウンサービス

  • 1人で開業
  • 開業資金10万円以下
  • 未経験歓迎
  • 副業可
  • 店舗不要
  • 短時間労働
  • 自宅勤務可
  • 40歳からの独立
  • 好きな時間働ける
  • 夫婦で独立
  • 女性が活躍
  • 技術を身につける
タウンサービスの起業情報
引用元サイト名:タウンサービス公式サイト
引用元URL:https://townservice.net/corporate/
地域密着型の運送事業!状況に合わせて案件を紹介してもらえるビジネス

タウンサービス株式会社が提供している「タウンサービス」は、業務委託形式で運用関係の案件を紹介してもらえます。作業時間は、各会員の希望条件に合った案件を紹介してもらえるので、夕方までに完了できる案件やフル稼働(8時間程度)向けの案件などさまざまです。

作業内容は、軽自動車を使用して荷物を運ぶ運送業で、スポット配送と宅配、ルート配送といった種類の案件などが存在します。スポット配送は配送先や荷物の種類が毎回異なり、宅配は一定エリア内の企業や個人へ配送を行います。そして、ルート配送は決められたルートおよび顧客に配送を行うのが特徴です。

その他メリットとしては、普通免許を取得している方であれば運送業未経験でも参入できる点でしょう。自動車については、自身の車両を使用する必要があります。ただし、無地の車両でなかったり所有していなかったりする場合は、タウンサービス側で新車・中古車・リース車両を用意してくれます。(別途費用負担あり)また、ロイヤリティなしですので、売り上げから手数料などは差し引かれません。

その他費用としては、配送業務に必要な台車や請求書、領収書などのセット2万円、互助会費5,000円/年、会員登録後の会費1万5,232円/月です。

業務内容

タウンサービスの委託先事業者として、タウンサービスの顧客企業や個人から運送関係の依頼を請け負い、各種荷物を軽自動車にて配送します。最低自己資金は、タウンサービスの公式サイトや関連サイトによると、入会金50万円とその他含めて50万4,000円のようです。

対象は、企業や個人と幅広く、取り扱う荷物も多種多様です。体力面で厳しい場合は、軽い部品のみの案件など希望を出すこともできます。そして、タウンサービスの取引先は6,000社以上におよび、各会員のライフスタイルに合わせた案件を案内できる環境です。

最低自己資金の目安
50.4万円
収支モデル
35万円/月収
収支モデル詳細 ■専業:月売り上げ30万円~(1人)
■副業:月売上23万円~(1人・令和2年7月集計時点、124名の平均値)
契約形態 業務委託
契約期間 1年(毎年更新)
サポート内容 ■営業活動代行
タウンサービス側で案件獲得のための営業活動を代行してくれます。
■車両の案内(購入、リース車両の手配)
自身の車両がない場合は、新車や中古車の案内、リース者の手配を行ってくれます。
■開業後の運営サポート(事務作業など)
タウンサービスのスタッフが同行し、顧客企業との面談。
募集エリア 日本全国で募集
顧客の市場性 営業活動を代行してくれるので、顧客へのアプローチや営業活動不要で仕事を進めることができます。また、運送業の基本でもある荷物を傷つけずに運ぶといった点をクリアすれば、次回以降も案件を得られる見込みがあります。
顧客は個人だけでなく法人企業も含めているため、希望条件に応じて仕事の量や規模も拡大してくれる可能性もあるのが特徴です。運送業自体大手手企業で取り組んでいますが、地域密着型で小回りの利く軽運送業は、競合性に余地もあるのではないでしょうか。
さらに新型コロナウィルスによるリモートワークや自宅時間の増加に伴い、荷物の配送業務量も増加することが考えられます。

オーナーの声

オーナーの声を見つけることができませんでした。

まとめ

タウンサービスは、起業に必要な資格普通免許のみという敷居の低さと、豊富な案件数といった点など、未経験の方でも仕事を獲得しやすい事業です。さらに作業時間や荷物の種類などに関する相談もできるため、ライフスタイルに合わせて案件数や質をコントロールできるのも嬉しいポイントです。

今後運送の需要な増加する可能性があるので、低資金での開業を考えている方は、タウンサービスを活用した軽運送ドライバーも検討してみてください。